炭水化物ダイエットの注意点と陥りやすい間違い

炭水化物ダイエットというのを聞いたことがありますか?

結構流行ってきている炭水化物ダイエットですが、ここでは私の実体験を元に炭水化物ダイエットの注意点と陥りやすい間違いについて話していきたいと思います。炭水化物ダイエットというのは、炭水化物を抜いて、それ以外の食材を食べてれば痩せると思っていませんか。では、お菓子はいいのか、と考えますがもちろん糖分なので控えた方がいいのは分かっていました。

しかし、糖質というのは適度にとらないといけないものではあります。果物にだって糖分は含まれていますがそれよりも水分が勝っています。さて、糖分というのはエネルギー源となります。朝にバナナを食べるなんてことありませんか?

それはすぐにエネルギーとなるために時間がないときにせめてバナナだけでも、という意味が込められているのです。炭水化物ダイエットは正確には、「夜に炭水化物を抜くダイエット」と置き換えても良いと思います。

なぜなら、朝や昼に摂った炭水化物というのは勉強したり歩いたり何かを行動したりするときに用いられるものだからです。特に高校三年生の女の子なんて見た目もきにするお年頃ですが受験が控えています。そんな時期に炭水化物ダイエットをしてしまうと頭が働かなくなり、勉強に集中できなくなってしまいます。それほどに糖分というのは重要と分かった上で制限をしなければなりません。

それは摂取しすぎると、脂肪に変わってしまうからです。夜は寝るだけでたいして動かないために脂肪に変わりやすくなります。つまり時間軸にとらわれないでいうと、運動や勉強前に摂取し、睡眠前に控えるようにしましょう、ということです。そしておすすめしたいのはささみです。ささみはたんぱく質が多く含まれているため、筋肉になります。ヘルシーですしお肉ですのでお腹にたまります。

キャベツの千切りとささみとゴマだれを和えたものを私はいつも食べていましたが、おいしさも保証できます。ダイエットと聞くとただ制限しがちですが、節度を守るだけで無理のないダイエットができる、ということを忘れないようにしましょう。

無理なくダイエットするなら優光泉のような酵素ドリンクを使用するようにしてください。

優光泉の口コミはこちらをクリック

美肌のために外食時のメニュー選択にも気を配る

美肌を目指す上では、食生活への気遣いは欠かせません。

自宅で食事をする時にはもちろんのこと、外食時のメニュー選択にも気を配ると、食生活を通して肌状態を改善することができます。ファーストフードには、脂質や糖質が過多のメニューが目立ちますが、お店選び、メニュー選びに注意すれば、ヘルシーな食事をすることも可能です。

サンドイッチのサブウェイでは、ビタミンを豊富に含むフレッシュな野菜や、ターキーや鶏肉といった低脂質で高タンパクの食材を使ったサンドイッチメニューを提供しています。ホームページで、カロリーや栄養成分が公開されているので、参考にして選ぶといいですよ。

おすすめは、七面鳥の胸肉を使用したターキーブレストです。トマトを中心に、7種類の高原野菜を使ったミネストローネスープを添えれば、栄養バランスの整った肌に優しい食事ができます。

日本生まれのハンバーガーチェーンのモスバーガーでは、大豆由来のソイパティを使った低カロリーで高タンパクのソイモスバーガーを販売しています。イソフラボンを含む豆類は、美肌効果が高く、継続して摂取したい食材です。

肉類が中心になりがちなファーストフードで、手軽に豆製品を摂取できるソイパティのバーガーに注目してみましょう。肉のパティを使ったハンバーガーと同様に、チーズバーガーやテリヤキバーガーなど、ソイパティのバーガーの種類にもバリエーションがあるので、好みに合う美味しいハンバーガーを楽しめますよ。

サイドメニューでは、フレッシュ野菜を摂取できるこだわり野菜のサラダがおすすめです。

レタスやグリーンリーフをベースに、美容効果の高さが注目されているレッドキャベツのスプラウトもプラスされています。モスバーガーでは、デザートに甘い物が食べたくなった時にも、ヘルシーなデザートが用意されているのが嬉しいところです。豆乳を使ったいちごロールやブルーベリーショコラ、玄米フレークを使ったシェークなど、美肌食材を生かしたスイーツが味わえます。