「エイジングケア」カテゴリーアーカイブ

首のケアは顔とセットで習慣化するのが理想的

首のしわの原因は加齢です。

年齢を重ねると首の筋力が低下してしまうため、皮膚がたるんでしわができてしまうのです。

そして、首は面積が広いのでクリームを塗るなどのお手入れが顔に比べてどうしてもおろそかになりがちです。また、自分ではよく見えない、または見ないふりをしたりしているパーツです。しかし、他人から見て首筋ほど目立つポイントはありません。

そのため老齢の女優さんは、首のしわを隠すためにハイネックの洋服を着たり、スカーフを巻いたりしています。顔よりも首の方が大きなしわが刻まれやすく、画面に写ると目立つからです。

若い時からの心がけで首のしわができるのを遅らせることができます。
首のパックが一例です。

市販の専用の首用シートパックは、一見、顔用パックとシートの形が違うだけなのかなという印象です。しかし、首のシートパックは首の回りをしっかり覆うことができるので効果がすぐに実感できます。さすが専用品という感動があります。ただし首の面積は広く、首のパックも顔のパックと同じ程度の価格です。継続して使うのは経済的に考えて手がまわらないのではないでしょうか。

そこで、蒸しタオルを使って自分でも首のパックが作れます。顔用クリーム(首専用のクリームがあれば首用がいいです)をたっぷり首に塗ります。タオルを水で湿らせてラップを巻きレンジにかけて蒸しタオルを作ります。

出来上がった蒸しタオルを首にぐるっと巻いて10分放置します。やけどをしないようにタオルの温度に気を付けます。蒸しタオルのリラックス効果があり、とても気持ちがいいです。タオルを外してからさらにクリームを塗ります。これを頻繁に繰り返すことにより、次第に首のしわが薄くなっていきます。今まで首のお手入れをさぼっていた人は、特に効果が実感できるでしょう。

首のしわは一度できてしまうとなかなか消すことができません。そしてメイクで隠すことが難しい部分です。首が美しいと、女性として魅力がアップします。ですから首のケアは顔とセットで習慣化するのが理想的なのです。

お肌のたるみは頭皮の血流の悪さからも現れる

お肌は見た目綺麗が一番です。

確かにそうですが、綺麗というのは、色が白くてシミが無く、しわもない笑顔が美しいと感じさせる人の肌を言うのでしょう。

シミがあっても隠すことはできます。しわも深いと気になりますが、たるみは止めておくものが無い事には隠すことは不可能です。

しかし日々忙しく過ごしていると、ある日気づいたら顔全体がボワッとしてる、何だか下に下がってきた気がする、目じりが下がってきたような気がするなど、急に気になりだす女性もいると思います。

気になるとみんなに見られているような気にさえなります。
コンプレックスとなり自分に自信が無くなってしまいます。

自分に自信を持ち、より前向きに元気に毎日を過ごせるように、お肌の気になる部分を少しでも減し、気にならなくなるようにしていきましょう。

お肌のたるみは、お顔の筋肉の衰えからも現れるようになりますが、肩こり首こりや、頭皮の血流の悪さからも現れるようになります。

顔全体の皮を支えていることもあり、頭皮が疲労で固かったり、首や肩甲骨も疲労で固まりすぎると、支えられなくなった顔の皮膚は下がってくるのです。

しかも疲労をため込むことで、お顔の筋肉も衰え、ますます支えるのが厳しくなります。

まずは肩甲骨から頭にかけて、コリをほぐし、柔軟性のある状態にすることと、お顔のコリもほぐすように、マッサージクリームでマッサージをして解すといいでしょう。その時に、やはりコラーゲン入りのクリームを使うとより効果的です。

体のコリをほぐすとなると、マッサージ屋さんに行くことを想像しますが、少々手間ですが自身でストレッチをする癖をつけるのがおススメです。
そして頭皮もブラシで丁寧に時間をかけてブラッシングをすることで、頭皮に柔軟性が出てきて、お顔や二十顎も引き上げ効果は出てきます。

お顔のマッサージも、特に首の前の胸鎖乳突筋が柔らかくなるように、クリームを付けた後に手のひら全体で優しくゆっくり、気持ちいい程度に圧迫しながら柔らかくしたうえでお顔を引き上げるようにしていくと、小顔効果もありますし、徐々に引き締まってきます。

顔のお肌は刺激を与えないようにしないと、乾燥など違うお悩みが出てくることもありますので、ゆっくり優しく、ゴシゴシしないことを心掛けていくと、美肌により近づけるでしょう。