「成分」カテゴリーアーカイブ

炭水化物ダイエットの注意点と陥りやすい間違い

炭水化物ダイエットというのを聞いたことがありますか?

結構流行ってきている炭水化物ダイエットですが、ここでは私の実体験を元に炭水化物ダイエットの注意点と陥りやすい間違いについて話していきたいと思います。炭水化物ダイエットというのは、炭水化物を抜いて、それ以外の食材を食べてれば痩せると思っていませんか。では、お菓子はいいのか、と考えますがもちろん糖分なので控えた方がいいのは分かっていました。

しかし、糖質というのは適度にとらないといけないものではあります。果物にだって糖分は含まれていますがそれよりも水分が勝っています。さて、糖分というのはエネルギー源となります。朝にバナナを食べるなんてことありませんか?

それはすぐにエネルギーとなるために時間がないときにせめてバナナだけでも、という意味が込められているのです。炭水化物ダイエットは正確には、「夜に炭水化物を抜くダイエット」と置き換えても良いと思います。

なぜなら、朝や昼に摂った炭水化物というのは勉強したり歩いたり何かを行動したりするときに用いられるものだからです。特に高校三年生の女の子なんて見た目もきにするお年頃ですが受験が控えています。そんな時期に炭水化物ダイエットをしてしまうと頭が働かなくなり、勉強に集中できなくなってしまいます。それほどに糖分というのは重要と分かった上で制限をしなければなりません。

それは摂取しすぎると、脂肪に変わってしまうからです。夜は寝るだけでたいして動かないために脂肪に変わりやすくなります。つまり時間軸にとらわれないでいうと、運動や勉強前に摂取し、睡眠前に控えるようにしましょう、ということです。そしておすすめしたいのはささみです。ささみはたんぱく質が多く含まれているため、筋肉になります。ヘルシーですしお肉ですのでお腹にたまります。

キャベツの千切りとささみとゴマだれを和えたものを私はいつも食べていましたが、おいしさも保証できます。ダイエットと聞くとただ制限しがちですが、節度を守るだけで無理のないダイエットができる、ということを忘れないようにしましょう。

無理なくダイエットするなら優光泉のような酵素ドリンクを使用するようにしてください。

優光泉の口コミはこちらをクリック

美肌のために外食時のメニュー選択にも気を配る

美肌を目指す上では、食生活への気遣いは欠かせません。

自宅で食事をする時にはもちろんのこと、外食時のメニュー選択にも気を配ると、食生活を通して肌状態を改善することができます。ファーストフードには、脂質や糖質が過多のメニューが目立ちますが、お店選び、メニュー選びに注意すれば、ヘルシーな食事をすることも可能です。

サンドイッチのサブウェイでは、ビタミンを豊富に含むフレッシュな野菜や、ターキーや鶏肉といった低脂質で高タンパクの食材を使ったサンドイッチメニューを提供しています。ホームページで、カロリーや栄養成分が公開されているので、参考にして選ぶといいですよ。

おすすめは、七面鳥の胸肉を使用したターキーブレストです。トマトを中心に、7種類の高原野菜を使ったミネストローネスープを添えれば、栄養バランスの整った肌に優しい食事ができます。

日本生まれのハンバーガーチェーンのモスバーガーでは、大豆由来のソイパティを使った低カロリーで高タンパクのソイモスバーガーを販売しています。イソフラボンを含む豆類は、美肌効果が高く、継続して摂取したい食材です。

肉類が中心になりがちなファーストフードで、手軽に豆製品を摂取できるソイパティのバーガーに注目してみましょう。肉のパティを使ったハンバーガーと同様に、チーズバーガーやテリヤキバーガーなど、ソイパティのバーガーの種類にもバリエーションがあるので、好みに合う美味しいハンバーガーを楽しめますよ。

サイドメニューでは、フレッシュ野菜を摂取できるこだわり野菜のサラダがおすすめです。

レタスやグリーンリーフをベースに、美容効果の高さが注目されているレッドキャベツのスプラウトもプラスされています。モスバーガーでは、デザートに甘い物が食べたくなった時にも、ヘルシーなデザートが用意されているのが嬉しいところです。豆乳を使ったいちごロールやブルーベリーショコラ、玄米フレークを使ったシェークなど、美肌食材を生かしたスイーツが味わえます。

カルシウムは肌にとっても非常に重要な美容成分

カルシウムとは、人体の中で最も多いミネラルです。

カルシウムは人体において、主に歯や骨の成分として存在しています。また肌にとっても非常に重要な美容成分であり、老化が原因でカルシウムが不足することにより、肌に与える易経というものは強くなっていきます。

カルシウムの効果

カルシウムは、皮膚において、皮膚細胞が表皮の角質に成長するときに必要とされています。カルシウムがしっかりとれていると、肌の生まれ変わりが非常に頻繁に行われることにより、古い角質がとれ新しい角質に生まれ変わることで、美しく、つやのある肌を手に入れることができます。

しかし、カルシウムが不足していると、肌の生まれ変わりがだんだんされなくなってしまいます。その結果、古い角質がずっと肌に残り続けることになり、黒ずみや、シミ、しわの原因となってしまいます。

また、カルシウムには、肌細胞どうしをくっつける働きを持っており、この働きがあることにより、肌に紫外線が入りにくく、シミの作られにくい肌に保っています。

しかし、カルシウムが不足することにより、この働きはなくなっていき、だんだん細胞と細胞の間に隙間が生まれ、紫外線も簡単に通り抜けることにより、シミが作られやすくなってしまいます。このように、カルシウムには肌を美しく保つ効果があります。

カルシウムはどんな食べ物に含まれているのか

カルシウムが多く含まれている食べ物には、牛乳やヨーグルト、チーズなどの代表的な乳製品や、ワカメ、ひじき、煮干し、小魚、ごま、そして切り干し大根にも含まれています。

しかし、食べ物により摂取できるカルシウムは非常に少ないといわれています。牛乳によってカルシウムを摂取することが最もいい方法とされていますが、牛乳だけに接種を頼ってしまうと牛乳にはカルシウムの吸収を邪魔するリンが含まれているので、色々を摂取してカルシウムを吸収していく方法が最もいいとされています。

さらに、カルシウムをとりすぎると副作用が起こるとされており、その症状は、吐き気,便秘,腹痛,頻尿など、一度はだれもが経験したような症状が含まれています。この症状は軽度の副作用なのですが、重度の副作用になると、最悪意識不明に陥ってしまいます。

カルシウムはどんなものに使用されているか

最近では、ストレスを抑えるためのカルシウムサプリというものがあります。

確かに、カルシウムを摂取することによりストレスを軽減させることはできます。なぜ、カルシウムはストレス軽減に効果があるのかというと、脳の神経の乱れを改善してくれることにより、興奮を沈めてくれるからです。しかし、カルシウム単体でとってもストレスを抑えることはできないとされており、マグネシウムもカルシウムと一緒に摂取しなければなりません。

カルシウムとマグネシウムはどちらかが減少してしまうと、イライラにつながってしまうという効果を持っており、これらをバランスよく摂取することができるサプリという使用方法があります。

さらに最近では、よく話題となっている成長期の子供たちの身長を伸ばすための製品の主成分として使用されています。牛乳自体が苦手な子供というのはたくさんいると思うのですが、こういった味のついた製品を好む子供はたくさんいると思います。

そう言った子供に、おいしく牛乳を摂取されることができ、さらにカルシウムが多く含まれている粉を牛乳と一緒に摂取させることにより、さらに成長へとつながっていくと考えられています。

このように、私たちの身近なところにもカルシウムや、カルシウムを主成分とした製品は多く作られていることが分かります。私たちが無意識に摂取しているものかもしれませんが、カルシウムをはじめとした製品は、色々なところで、美容成分をはじめとしたいろいろなものに使用されているのが分かると思います。

そういう深いところまで理解し、成分を摂取することにより、日々の生活の質が向上していくかもしれません。

老化対策でプロテオグリカンを用いるのは正しい選択か

20代は若々しくハリのある時期です。

そこまで特別な対策をしなくても、キレイな肌を保っていられる人も少なくないでしょう。しかし、20代を節目にだんだんと衰えが始まっていきます。早めに対策しておくことは重要です。

プロテオグリカンは、そんな老化対策に関して最近グンと注目されてきた成分ですよね。実際プロテオグリカンを用いるのは正しい選択と言えるでしょう。でも注意が必要な部分もあります。

プロテオグリカンだけでは足らない?

プロテオグリカンは強力な保水力があることから、肌にうるおいを与えてくれるものとして高い注目を浴びています。今のところデメリットらしいデメリットは見当たらず、非の打ちどころがない成分と言えるかもしれません。

しかし、次第に衰えていく肌を若々しく保つには、プロテオグリカンのみではちょっと物足りない感があります。というか、プロテオグリカンだけで対策しようとは思っていない人も多いでしょう。では、どのように対策したらいいのでしょうか。

もう一つ加えてみる

プロテオグリカンはそれだけでも結構強力なので、あれもこれも追加する必要はないでしょう。コレだと思えるものを一つ加えてみるのでいいと思います。

何を加えるべきか?

1、コラーゲン・ヒアルロン酸

プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進するので、これらを摂取すると相性がいいです。なるべく食品から摂りたいものですね。

2、マルチビタミン・ミネラル

コラーゲンなどを選ばないなら、普通にビタミンとミネラルを摂りましょう。肌対策は、まず基本的な栄養摂取が成されてこそです。しっかり栄養を摂ったうえでプロテオグリカンなどを足せば、鬼に金棒となります。

3、抗酸化系のもの

ポリフェノールを代表として、ビタミンEやゴマリグナンなど抗酸化作用が期待できるものを用いましょう。和食がカロリーも少なく健康的です。

早いうちからの肌対策は、長く若々しい肌を保つのに重要なことです。