老化対策でプロテオグリカンを用いるのは正しい選択か

20代は若々しくハリのある時期です。

そこまで特別な対策をしなくても、キレイな肌を保っていられる人も少なくないでしょう。しかし、20代を節目にだんだんと衰えが始まっていきます。早めに対策しておくことは重要です。

プロテオグリカンは、そんな老化対策に関して最近グンと注目されてきた成分ですよね。実際プロテオグリカンを用いるのは正しい選択と言えるでしょう。でも注意が必要な部分もあります。

プロテオグリカンだけでは足らない?

プロテオグリカンは強力な保水力があることから、肌にうるおいを与えてくれるものとして高い注目を浴びています。今のところデメリットらしいデメリットは見当たらず、非の打ちどころがない成分と言えるかもしれません。

しかし、次第に衰えていく肌を若々しく保つには、プロテオグリカンのみではちょっと物足りない感があります。というか、プロテオグリカンだけで対策しようとは思っていない人も多いでしょう。では、どのように対策したらいいのでしょうか。

もう一つ加えてみる

プロテオグリカンはそれだけでも結構強力なので、あれもこれも追加する必要はないでしょう。コレだと思えるものを一つ加えてみるのでいいと思います。

何を加えるべきか?

1、コラーゲン・ヒアルロン酸

プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進するので、これらを摂取すると相性がいいです。なるべく食品から摂りたいものですね。

2、マルチビタミン・ミネラル

コラーゲンなどを選ばないなら、普通にビタミンとミネラルを摂りましょう。肌対策は、まず基本的な栄養摂取が成されてこそです。しっかり栄養を摂ったうえでプロテオグリカンなどを足せば、鬼に金棒となります。

3、抗酸化系のもの

ポリフェノールを代表として、ビタミンEやゴマリグナンなど抗酸化作用が期待できるものを用いましょう。和食がカロリーも少なく健康的です。

早いうちからの肌対策は、長く若々しい肌を保つのに重要なことです。